東原産婦人科医院の東原 徹です。 祖父・父(先代院長)と私の3代に渡り

                     地元で産婦人科医として開業して働いてまいりました。 患者さんの中には祖

                     父や父がみた患者さんのお孫さんもお見えになります。これからも、 家庭医と

                     して妊娠・出産をはじめ、女性の一生を通しての悩みや病気の相談および治

                     療にたずさわりたいと考えています。また安心して受診していただける様に医

                     療連携強化と受診しやすい環境づくりに努力してまいります。
 
 
                               院長より 妊娠を考えてる方へアドバイス
 

                              1.禁煙してから妊娠を。副流煙も危険です。

                      妊娠初診でみえるかたの3-4割位の方が喫煙されています。
                      妊娠される前に禁煙をぜひ行ってください。様々な危険があります。
                      家族全員が 喫煙される場合は家族も減煙・禁煙にご協力ください。


                     2.妊娠の初診は遅れずに 

                      月経不順のあるかたの場合、姙娠にきずくのが遅れがちですが
                      避妊を特に意識してされていないばあい、
                      体調の不良、微熱、吐き気、胸の張り、おなかの張りなどが1週間以上
                      続くく場合は薬局にある妊娠反応試薬で検査してみてください。
                      陽性の場合はおくれずに来院されてください。
                      月経が順調にくるかたの場合、予定月経が1週間以上おくれたり、
                      10日以上出血が続く場合も妊娠反試薬を検査してみてください。 

            3.生活習慣病を意識しましょう。

 
                      妊娠まえから生活習慣の問題のあるかたが少なくありません。
                      食事内容の偏り、定期的な運動の習慣のないかたが目立ちます。
                      30歳前後から糖尿病・高血圧予備群の妊婦さんが増えてきます。

                      特に、ご家族の病歴・発症年齢をよく知っておくことが大切です。
                      BMIが25以上の方は体重をおとしてから妊娠を考えてください。      
          歯周病は流産早産の危険性を高めます。積極的に治療を妊娠前に                                            
          おこなってください。夜更かしをさけ睡眠を十分にとってください。


                     4.計画的な妊娠を

 
                  内科的または精神心療内科の合併症で長期に投薬をうけている方は
            主治医と相談のうえ、姙娠の許可を得てからの計画的な妊娠を                
            女性が健康であるうちに、希望する妊娠をしましょう。
            風疹やはしか、水ぼうそうの免疫があるかを知り、充分にない方は
            ワクチン接種を妊娠前に受けましょう。男性も積極的接種が必要です
              産後すぐでもワクチン接種は可能です。
                             40歳をすぎても避妊は必要です。高齢の予期しない妊娠で合併症の      
                多い妊婦さんが増えています。年齢・経済・健康面を考慮して下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東原産婦人科  福岡県大牟田市倉永1672-3
TEL 0944-58-1025.
Copyright(C)2011Higashihara Clinic.All rights reserved